TOP > 能代ねぶながし

能代ねぶながし

千年以上の歴史を持つ城郭型の大型灯籠が、華麗な笛、太鼓のお囃子を伴い、大勢の若者によって市内をねり歩きます。
祭りの最後には山車灯籠の上部のシャチをイカダに乗せて、米代川で火を放ち焼き流す「シャチ流し」が能代大橋のたもとで行われます。

能代市中心部の五丁組「大町組」「上町組」「万町組」「清助町組」「柳町組」が交代で運行する伝統の役七夕。地響きのような太鼓、夜空に華麗に響く笛の音色、暖かくも力強く輝く巨大な灯籠は、とても力強く迫力があります。祭の終わりの「シャチ流し」は、祭り囃子も哀調のおびたものになり、夏の終わりを肌で感じる事が出来ます。

能代ねぶながし 役七夕&シャチ流し

お問い合わせ先:能代市観光振興課

住所:〒016-8501 秋田県能代市上町1-3

電話番号:0185-89-2179

メール:

開催場所:
・役七夕廻丁
能代市内を練り歩く
・シャチ流し
能代大橋のたもと
料金:
無料
駐車場:
なし

所在地


大きな地図で見る

能代ねぶながし